生体情報モニタ用アーム選定方法(昇降式、ウォールチャネルマウント編)

 

他メーカーと異なり、ICWUSAではパーツを組み合わせてバリエーション豊かなアームを製作することができます。

 

今回は医療機関で生体情報モニタを設置するためのアームのパーツの選定方法を簡単にまとめてみました:

 

 

1. 生体情報モニタにあったブラケットを選択します。

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム Philipsマウント
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム 日本光電用マウント
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム VESAマウント

Philips / フィリップスマウント

5インチプランジャープレート

VESAマウント


 

2.  ハンドル、ケーブルフック、ダウンポストは必要ですか?

 

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム ケーブルフック
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム ハンドル
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム ダウンポスト

CH1ケーブルフック

THBVDハンドル

ダウンポスト

(長さは複数あります)


 

3.コアアームは2種類あります、Ul180、UL182から選択してください(現在は、ロック機能付きの180B、182Bが標準です)

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム UL180シリーズ UL182シリーズ アームの長さ
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム UL180シリーズ UL182シリーズ ロック機能イメージ

ブレーキロックで上下への動きを制限できます。


 

4.延長アームが必要な場合は、長さが違う2種類から選択してください。

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム AS1 延長アーム

6インチ(約15.2㎝)

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム A1延長アーム

    10.5インチ(約26.6㎝)


 

5.ウォールブラケットを選択します。

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム W5ウォールチャネルブラケット
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム W2ウォールマウント
ICWUSA 生体情報モニタ用アーム W3ウォールマウント

W5ブラケット(3.5インチ、約8.9㎝)

ICWUSAのウォールチャネル(トラック)

GCX製ウォールチャネル、にダイレクトに

固定可能

W2ブラケット(7インチ、約17.8㎝)

ICWUSAのウォールチャネル(トラック)

GCX製ウォールチャネル、に専用アダプタを

使用して固定可能

W3ブラケット(9.5インチ、約24.2㎝)

ICWUSAのウォールチャネル(トラック)

GCX製ウォールチャネル、に専用アダプタを

使用して固定可能


6.ウォールチャネルの長さを選択

7.チャネルがない麻酔器(GE, ドレーゲル製)に

  設置する際に必要なアダプタ


ICWUSA 生体情報モニタ用アーム ウォールチャネル

TMDウォールチャネル(ウォールトラック)

12インチ(30.48cm)をはじめ、19インチ(48.26㎝)、26インチ(66.04cm)、36インチ(91.44cm)、50インチ(127cm)など長さのバリエーションがあります。

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム 麻酔器用アダプタ

GEヘルスケア製、ドレーゲル製 麻酔器 専用アダプタ

チャネルではなく、GEヘルスケア独自のトラック(ダボテイル)、ドレーゲル独自のトラック(スリット)にアームを固定する場合に使用します(上記W2ブラケットと組み合わせて使用します)


 

 

 

実際のアームで上記内容を確認していただくとわかりやすいと思います:

ICWUSA 生体情報モニタ用アーム UL182シリーズ Philipsマウント

1.       生体情報モニタ:Philipsマウント

2-1.ハンドル:画像にはありませんが有りで納品

2-2.   ケーブルフック:有り

2-3.   ダウンポスト:12インチ(30.48㎝)

3.       コアアーム:UL180B(ロック付き)

4.       延長アーム:なし

5.       ウォールブラケット:W2

 

*先端のPhilipsマウントは付属しません。

 


 

いかがでしたでしょうか?

できるだけシンプルに説明させていただきましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

 

デモ機のご用意もございますので、詳しくは代理店までお気軽にお問合せください。