モニターアーム設置例

日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回、前々回の続きです。 ・ドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキット ・UL180/182シリーズの可動範囲の広さ についてはすでにご説明させていただきました。 今回はアーム先端の形状に関してです。...
日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回の続きです。 前回はドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキットがある、 ということを触れさせていただきました。 今回は日本光電のモニタを搭載しているアームに関してです。 麻酔器でよく使用されるUL180/182シリーズは、ICW製品の中でも最も人気があるシリーズです。 人気の理由のひとつが可動域の広さです。...

日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
ドレーゲル社の麻酔器の側面にスリット(トラック)がある機種がございます。 市販の壁付用のモニターアームですと 取り付けることができませんが、 ICWでは壁用アームをそのトラックに取付けるためのアダプタ(TAW2 Draeger Kit)を用意していますので問題なく取付が可能です。
ICWUSA モニターアーム 麻酔器へのモニターアームの設置 GEヘルスケア Aisys2
前回ご紹介した画像と同じ案件だと思います、前回は後方から今回は前方から撮影されています。 GEヘルスケア製麻酔器Aisys CS2の正面向かって右側に昇降式のディスプレイキーボード用アームを取付けています。 モニターアームの関節部にリングのように見えるのが、標準装備されているROMリミッターです、 スウィーベル(横回転)の範囲を制限するために使用します。

GEヘルスケア製麻酔器Aisys CS2の正面向かって右側に昇降式のディスプレイキーボード用アームを取付けています。 通常、麻酔科の先生は手術中に反対の正面向かって左側に座りますから、できるだけ左側に向かって伸びる アームを選択するのがポイントです。
ICWUSA モニターアーム ELP5220ダブルアーム ウォールマウント
「施設で壁へのモニターアームの取付位置を検討する際、希望の高さの壁もしくは壁からの導線に制限・障害物があり、取付ることができない」といったことありませんか? もしそのような場合には、壁の高い位置での取付をご検討ください。...

ICWUSA モニターアーム ELP5220ダブルアーム ウォールマウント
手術室で、IT機器(ディスプレイ&キーボード)を設置する場合、 *通常の長さのモニターアームを使用して医療機器(麻酔器など)にIT機器を取付ける、 *モニターカートなどに搭載して医療機器の横に並べる、 というパターンはよくあると思いますが、今回の画像はそうではなく、壁からロングアームを...
医療機器, モニターアーム, Eliteロングアーム, 病院、メディカル, 医療, 病院設備, 歯科, デンタル, メディカルモニター, ヘルスケア
ICWUSAのEliteロングモニターアームは1m以上のリーチがありながら、 折り畳むと壁から30㎝以内に収まってしまう、スペースに制限がある 日本の病院・デンタクリニックなどに最適な機種です。 写真の例は北米のデンタルクリニックでの設置例です。 ケーブルをアームの内側に通すことができるので、ロングアームながら 非常にすっきりと設置がされています。...

ドレーゲル, 麻酔器, モニターアーム, 生体情報モニタ, 麻酔記録, キーボードトレイ, 医療機器, GEヘルスケア
ドレーゲルの麻酔器にはメディカルレール(チャネル)が標準装備されている機種が多く、ICWUSAのウォールマウントタイプ(壁取付用)のモニターアームであれば 簡単に取り付けることができます。...
モニターアーム, 富士フイルム, SonoSite, ソノサイト, 超音波画像診断装置, ウォールマウント
写真は、米国のある病院での富士フイルムが販売している医療機器、超音波画像診断装置SonoSite(ソノサイト)の設置例です。 壁に取付けられたメディカルレール(ウォ―ルチャネル)に ICWUSA製Eliteロングモニターアームを固定しています。 通常のモニターアームでは、長さが足りず、周辺と干渉してしまいますが、ロングアームを使用することで、干渉せずに...

さらに表示する