モニターアーム設置例

ICWUSA UL180シリーズ モニターアーム デスクマウント カウンタートップマウント ディスプレイキーボード用
奥行きのあまりない病院内のカウンターにUL180シリーズデスクマウントを使用してディスプレイとキーボードを設置した事例を解説しています。
診察中に立っても座っても使用できるモニターアーム:Elite5216/5220シリーズロングモニターアーム ウォールマウント
医療従事者の方が立っても座ってもディスプレイ・キーボードを使用できるロングモニターアームELP5220シリーズの設置事例です。

調剤用の安全キャビネットの奥行を考慮したディスプレイの設置:Titanシリーズモニターアーム ウォールマウント
薬剤師の方々が調剤される際に使用する安全キャビネットのすぐ脇でのロングモニターアームを使用したディスプレイ設置例です。
ICWUSA ウォールマウント UL180シリーズモニターアーム ディスプレイキーボード用  ASUL180EV7-W3-KUS-A1
医療機関でUL180シリーズモニターアーム ウォールマウントを使用してのディスプレイとキーボードの設置例をご紹介します。

日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回、前々回の続きです。 ・ドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキット ・UL180/182シリーズの可動範囲の広さ についてはすでにご説明させていただきました。 今回はアーム先端の形状に関してです。...
日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回の続きです。 前回はドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキットがある、 ということを触れさせていただきました。 今回は日本光電のモニタを搭載しているアームに関してです。 麻酔器でよく使用されるUL180/182シリーズは、ICW製品の中でも最も人気があるシリーズです。 人気の理由のひとつが可動域の広さです。...

日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
ドレーゲル社の麻酔器の側面にスリット(トラック)がある機種がございます。 市販の壁付用のモニターアームですと 取り付けることができませんが、 ICWでは壁用アームをそのトラックに取付けるためのアダプタ(TAW2 Draeger Kit)を用意していますので問題なく取付が可能です。
ICWUSA モニターアーム 麻酔器へのモニターアームの設置 GEヘルスケア Aisys2
前回ご紹介した画像と同じ案件だと思います、前回は後方から今回は前方から撮影されています。 GEヘルスケア製麻酔器Aisys CS2の正面向かって右側に昇降式のディスプレイキーボード用アームを取付けています。 モニターアームの関節部にリングのように見えるのが、標準装備されているROMリミッターです、 スウィーベル(横回転)の範囲を制限するために使用します。

GEヘルスケア製麻酔器Aisys CS2の正面向かって右側に昇降式のディスプレイキーボード用アームを取付けています。 通常、麻酔科の先生は手術中に反対の正面向かって左側に座りますから、できるだけ左側に向かって伸びる アームを選択するのがポイントです。
ICWUSA モニターアーム ELP5220ダブルアーム ウォールマウント
「施設で壁へのモニターアームの取付位置を検討する際、希望の高さの壁もしくは壁からの導線に制限・障害物があり、取付ることができない」といったことありませんか? もしそのような場合には、壁の高い位置での取付をご検討ください。...

さらに表示する