アームの動作角度制限について

右の画像のように、すぐ隣に機器がある場所にモニターを

取り付けなければならないケース、のぞましくないのですが、

実際にはスペースの制限などの理由であると思います

(私どもでは推奨しておりませんが)

この場合、問題になるのがアームやモニターが周辺の機器と接触・干渉してしまうことです。病院や研究機関の場合、接触してしまう対象が高額な機器のため、大きな問題になってしまう可能性があるはずです。

ICWではそのような状況を想定して、主要なアームに動作制限機能を付けています。仕組みはシンプルで、穴のあいたリングをアームの関節部に取り付け、その穴にピンを手で差して可動域を制限する、というものです。

下の画像はUL180シリーズの延長付きアームのものです。延長付きのため、アームの根元の部分と、延長アームとコアアームの間の関節部の2か所にリングが付いています。

医療機関で使用される安全性を重視したICWのモニターアームならではの機能の一例としてご紹介させていただきました。

ICWUSAJAPAN: ディスプレイキーボード用アーム
ICW UL180モニターアーム ROMリミット