アーム先端のバリエーション

ICWのモニターアームの強みのひとつが、アーム先端の種類の豊富さです。

今回はVESA75/100のバリエーションの一部をご紹介いたします。

EV65タイプ

ベーシックなスタイル

調整項目:

・チルト(傾き)

・スウィーベル(左右)

 

高さ調整はないが、ポールや壁取付用レールなどの適切な高さでアームを固定できれば問題なし。

 

高さ調整を必要とする場合は、ガススプリング内蔵タイプのアームを選択。

 

ICW, モニターアーム, EV65, VESA
ICW, モニターアーム, UL180EV6, VESA


Ultra500iタイプ

ボールジョイントVESA、2ポイントチルトジョイト、ピボットでより自由度の高いモニターの位置調整が可能

調整項目:

・チルト(傾き)

・パン(首振り)

・ローテーション(回転)

*モニターの向きを縦横に変更可能

・ピボット(回旋)

 

高さ調整はないが、ポールや壁取付用レールなどの適切な高さでアームを固定できれば問題なし。

ICW モニターアーム UL500i VESA
ICW, モニターアーム, シーリングマウント, UL500i, VESA


BV(ボールジョイントVESA)タイプ

ICWの代名詞、ボールジョイントVESAをアームにダイレクト接続したシンプルかつ機能的なスタイル。

調整項目:

・チルト(傾き)

・パン(首振り)

・ローテーション(回転)

*モニターの向きを縦横に変更可能

 

モニター/ディスプレイに使用する

 

日本光電 生体情報モニターG9向けの

 カスタム品もあり

UL180, ICW, モニターアーム, ボールジョイントVESA
ICW, モニターアーム, UL180, 日本光電, G9, CSM1900, 麻酔器, 生体情報モニター


Paralink(パラリンク)タイプ

アームの先端部で、モニターの高さを6インチ(15.2cm)、前後の位置を5インチ(12.7cm)調整できるICW独自のテクノロジー。ボールジョイントVESA、ピボットも含まれている。

調整項目:

・高さ

・前後位置

・チルト(傾き)

・パン(首振り)

・ローテーション(回転)

*モニターの向きを縦横に変更可能

・ピボット(回旋)

 

モニターの上下前後位置を調整できるエルゴノミクス設計のため、キーボードマウントと組み合わせ使用するとより威力を発揮する。

ICW, モニターアーム, UL550, VESA
ICW, モニターアーム, ELP5216, VESA


EV710タイプ

ガススプリング内蔵のUL180シリーズアームで先端部の高さ調整が必要な場合に使用される今もっとも人気が高いタイプ。ボールジョイントVESA採用

調整項目:

・高さ

・前後位置

・チルト(傾き)

・パン(首振り)

・ローテーション(回転)

*モニターの向きを縦横に変更可能

・ピボット(回旋)

 

モニターの上下前後位置を調整できるエルゴノミクス設計のため、キーボードマウントと組み合わせ使用するとより威力を発揮する。

ICW  モニターアーム UL180EV キーボードマウント, VESA
ICW, モニターアーム, VESA, シーリングペンダント, キーボードマウント


その他VESAマウント


ICW, モニターアーム, VESA
ICW, モニターアーム, VESA


 

モニターアームの種類が多すぎてどれを選んでいいかわからない、という方には

・アームを設置する場所、

・アームの到達距離、

・アームの耐荷重、

・アームの可動域、

などとあわせて、アームの先端のタイプもあわせてご検討いただくと

よりご希望のスペックを持ったモニターアームを選択できるはずです。

 

モニターアームの選定でお困りのお客様はお気軽にお問い合わせください。