モニターアームの省スペース性

壁やポールなどのモニターアームの固定場所から離れた距離で

ディスプレイやキーボードトレイを使用したい、ということで

モニターアームの導入を検討される方多いと思います。

 

アームが長ければ長いほどアームを固定した場所から離れて機器を

使用できるのですが、問題は、「アームの存在感」です

 

病院内で壁からおよそ1m先でディスプレイとキーボードを使用したい、

ということで1mのアームが常に空間を占有してしまう、というのは問題です。

 

使用する時だけ引き出して使用できる、というのがスマートで省スペース

を考慮したモニターアームと言えます。

 

例えば、

ICWUSAのロングタイプのモニターアーム、Elite5220シリーズキーボードトレイ付きの場合、1m以上伸びますが、折り畳んだ状態の奥行きは約27㎝です。

 

モニターアームを検討される場合、耐久性・耐荷重・機能性などとともに

 

ぜひ省スペース性についてもぜひ確認してみてください。

モニターアーム, ELP5220シリーズ, 医療, 医療機器, 病院設備, ヘルスケア, メディカル, メディカルIT,歯科, デンタル, メディカルモニター