ICWUSAのモニターアームにおけるウォールマウントとは?

 

モニターアームは欧米から日本に入ってきたためか、関連用語に英語がそのまま使用されています。

その代表的なワードが「ウォールマウント」

 

ウォール=壁

マウント=設置する、取付する、上に乗せる

 

すなわち、簡単に表すと「モニターアームを壁に取り付ける」

 

という意味なのですが、ICWUSAの場合は、ウォールマウントの中でも4つの分類があります。

 

 

1.壁にモニターアームを直付けする「ウォールマウント」

壁にネジを直接打ち込んで固定する方法

ICWUSAでは、W3もしくはW2という取付け金具を持つアームがこの方法に対応します。

(ロングアームが持つ取付け金具WT、WT2もこの方法に対応します)

産業機器にアームを取付る場合も、機器の筐体にネジで直付けするこの方法がよく用いられます。

ICWUSA モニターアーム ウォールマウント UL550シリーズ
ICWUSA モニターアーム  ウォールチャネル  W3 
ICWUSA モニターアーム  ウォールチャネル  W3 

 

2.壁に取付けたレールにモニターアームを固定する「ウォールマウント」

「ウォールチャネル」「ウォールトラック」(メーカーにより名称が異なる)と呼ばれる専用レールにアームを固定する方法

レールは壁にネジで固定されています。アームの取付金具部をレール内の任意の高さまでスライドさせ、ネジで締め込み固定します。

壁にダイレクトにネジで固定した場合と異なり、レールからのアームの取り外しが可能なため、病院でよく採用される取付方法で、

「ウォールトラックマウント」「ウォールチャネルマウント」と呼ばれることもあります。

 

ICWUSAではウォールトラックの長さを複数ご用意しています。

ICWUSA モニタ―アーム ウォールチャネル ウォールトラック
  • TMD12(長さ12インチ、約30.48cm)
  • TMD19(長さ19インチ、約48.26cm)
  • TMD23(長さ23インチ、約58.42cm)
  • TMD26(長さ26インチ、約66.04cm)
  • TMD36(長さ36インチ、約91.44cm)
  • TMD50(長さ50インチ、約127cm)
ICWUSA UL180シリーズ ディスプレイキーボード用モニターアーム ウォールマウント

上記1でご紹介したW3、W2などの取付金具を持つアームやロングアームは専用のアダプタを追加することでウォールチャネル、ウォールトラックに取付ることができます。

ICWUSA  モニターアーム ウォールマウント W3

W3 +専用アダプタ

ICWUSA モニターアーム  ウォールチャネル  W2

W2+専用アダプタ

ICWUSA モニターアーム  ウォールチャネル  W5

W5


また、W5という新しい取付金具を持つアームを選択すれば、アダプタなしでウォールチャネル、ウォールトラックにダイレクトに取付することが可能です。

 

3.医療機器である麻酔器にモニターアームを取付る「ウォールマウント」

医療機器である麻酔器でウォールチャネルが組み込まれている機種には

上記2と同じ方法でアームを取付することが可能です。

 

右の写真はその一例です。

 

注意点1

麻酔器の場合、機器の高さ自体に制限があるため、チャネルの長さが短い場合があります。このような場合は、W2、W3ではなく、約9㎝の長さのW5という取付金具を持つアームをおすすめします。

注意点2

ウォールチャネル以外の独自の規格のレールやトラックを持つ麻酔器に

対しては、W2もしくはW3と専用のアダプタを組み合わせることでアームを取付ることができるようになります。

関連ページでご確認いただけます。

ICWUSA モニターアーム 麻酔器 ウォールマウント

 

4.レール内をスライドさせて自由にアームの高さ調整ができる「ウォールマウント」

専用のレールにスライダー付アームを通すことでレール内での移動・固定が簡単に行えるICWUSA独自の技術で作られたウォールマウント

専用レールはネジで壁に固定します。

 

作業者のエルゴミクスを重視する米国のメーカーならではのスタイルです。特に複数のスタッフが共用する施設におすすめです。

 

アーム1本、2本でも製作可能、対応するアームも数多くありますので、施設ごとに最適な機種をお選びいただけます。

 

ICWUSA モニターアーム ウォールマウントASUL550-T36D-KPP-A2

ASUL550-T36D-KPP-A2

ICWUSA モニターアーム ウォールマウント ASUL550-T36D-KPP-A2

ASLTP-T19-A1

 


まとめ

 

ICWUSAのウォールマウントには、

 

1.壁にモニターアームを直付けする「ウォールマウント」

2.壁に取付けたレールにモニターアームを固定する「ウォールマウント」

3.医療機器である麻酔器にモニターアームを取付る「ウォールマウント」

4.レール内をスライドさせて自由にアームの高さ調整ができる「ウォールマウント」

 

3は壁じゃないのでは?という方もいらっしゃると思いますが、使用するアームはウォールマウントタイプになりますので、その点はおおまか分類ですのでご了承ください。

 

難しすぎてよく理解できない、という方もいらっしゃると思いますが心配ありません。

 

私どもの代理店にお気軽にご相談いただければ、上記5つのポイント以外の詳細もヒアリングさせていただいた上で3000種類以上の中から最適な1台をご提案させていただきます。


医療関係のお客様は

美和医療電機株式会社

名古屋シミュレーションセンター

〒480-0202

愛知県西春日井郡豊山町豊場中道6-1

電話(0568)39-1633

FAX(0568)39-1655

お問い合わせは:

info_center@miwaem.co.jp まで

医療関係以外のお客様は

株式会社アクアス

環境エネルギー事業部

〒460-0008

愛知県名古屋市中区栄1-25-35

電話(052)220-5518

FAX(052)220-5526

ホームページ