病院内の奥行きがあまりないカウンターにモニターアームを使用してディスプレイとキーボードを設置する方法

ICWUSA UL180シリーズ モニターアーム デスクマウント カウンタートップマウント ディスプレイキーボード用

 

右の画像を見ると、

 

壁は鏡張りになっているため、ウォールマウントのモニターアームが使用できない環境のようです。

 

また、カウンターはあまり奥行きがないため、ベースの大きい支柱やポールを立てることができません。

 

そこで選択されたのが、

 

UL180シリーズモニターアーム デスクマウント

 

カウンターに固定するベース部がコンパクトなので、浅いカウンターでも取り付けが可能です。

 

垂直にアームを立てる+延長アームの90°スウィーベル

させることでアームがカウンターからはみ出していません。

カウンター上の空間を効率的に使用できています。topp

 

UL180シリーズの

 

・デスクマウントのベースがコンパクト

 

・垂直に立てられるガススプリング内蔵のコアアーム(の広い可動域)

 

・360°回転可能な延長アーム

 

 がないと実現できないマウント方法です。

  

関連動画

*UL182シリーズはコアアームの長さがUL180シリーズよりも長いバージョンです。