· 

医療機器 生体情報モニター 日本光電ライフスコープG9とICWUSAのモニターアーム

日本光電製ベッドサイドモニタ、ライフスコープG9をICWで最も人気のある昇降式アームUL180シリーズで麻酔器にマウントした米国での事例の紹介です。

 

正面左側ではUL180アームにモニタとポスト・クランプを使用して日本光電BSM1700を取り付けています。

 

麻酔器の正面右側の上にはディスプレイ/キーボードマウント用のUL180アームを、

下には、G9のメインユニットを専用のCPUマウントでマウントしています。

日本光電生体情報モニターG9 CSM1900をUL180シリーズアームで麻酔器にマウント

2022.04追記

 

2021年、UL180/182シリーズブレーキロック付きアームが発売されました。

スイッチひとつでアームの上下の動きを制限でき、麻酔器の設置により適しています。

 

下の紹介動画をぜひご覧ください。

 

代理店までお気軽にお問合せください。