ウォ―ルマウントタイプモニターアームのレールへの取付方法

病院などの施設では、メンテナンスや移動を考慮して

壁にモニターアームをダイレクトに固定するのではなく、チャネル(ICWUSAの場合、MDウォールトラック)といわれるレールを壁に取付け、そのレールにアームを固定する方法がよく採用されています。

 

ICWUSAのウォ―ルマウント(壁取付)用のモニターアームの場合、壁にダイレクトに取付けることはもちろん、オプションのウォールトラックアダプターを使用すれば、チャネルに固定することが可能です。

 

言葉では説明しづらいのですが、下のイメージだと簡単にご理解いただけると思います。

モニターアーム, 日本光電, ライフスコープG9, ウォールマウント, 取付方法, ウォールブラケット, ウォールトラックアダプター, チャネル, ウォ―ルトラック, 医療機器, UL180シリーズ

ですので、元々病院の壁にレールが付いており、そこに固定されているアームを

交換したいといった場合でも、レールはそのままで、アームのみ交換することが可能です。

(レールの耐用年数、強度等はご確認いただく必要はありますが)

 

このチャネルと言われるレールですが、麻酔器やシーリングペンダントにも標準装備されている

機種があります。それらの医療機器・病院設備にも上記でご説明させていただいた方法で

取付可能です。詳細に関しては代理店までぜひお問合せください。

モニターアーム, ロングアーム, シーリングペンダント, HOSPEX2017, 展示, ホスペックス, エアウォーター防災, ELP5220, ウォールマウント, チャネル, 美和医療