ICWUSA マウントソリューション 紹介

メイドインUSA made in the USA  モニターアーム オレゴン州 モニターアーム
今回は製品やソリューションの紹介ではありません。 記事の記事のポイントを1行でまとめるとすると、 「ICWUSAの製品はすべて米国製です、中国との貿易摩擦による関税の引き上げの影響はない」 ということです。...
Inverted arm, 逆向きアーム, 逆方向アーム, キャビネット, オーバーヘッド, ウォールマウント, モニターアーム
タイトルがわかりづらいかもしれません、英語で「Inverted」という言葉がタイトルにありますが、日本語にすると「逆さ」「逆向き」という意味ですが、ICWUSAでは、回転軸(付け根)の下にアームを取り付けたタイプを「Inverted」と呼んでいます。 どのような場合に有効化というと、 例えば、 ・ 壁の高いところに固定し、下向きにディスプレイを向ける場合...

デスクマウント EV710 カウンタートップマウント  モニターアーム コンパクト収納  医療機関  デスク用ディスプレイホルダ
今回は米国の小児医療センターにてスライド式の省スペースデスクにディスプレイを設置した事例です。 スライド式のデスクは2枚の天板を重ねて収納するのですが、今回はその天板と天板の間にディスプレイを収納しなくてはいけない、というかなり難易度の高い課題です。 そこで採用されたのがEV710シリーズデスクマウントです:...
ICWUSA モニターアーム ウォールプレート 壁取付用プレート ウォールチャネル GCXチャネル
ICWUSAのモニターアーム壁取付用(ウォールマウント)は病院内のさまざまな場所に設置されます。壁に直接取付けるのはもちろん、壁取付用のレール(ICW製ウォールトラックや他メーカーのウォールチャネル)や病院の場合は、手術室にある麻酔器などに取付けられますが、受け側の壁やレールの長さは一律ではありません。...

ICWUSA マウントソリューション 歯科向け デンタルクリニック向け モニターアーム シーリングマウント キャビネットマウント 
以前、フェイスブック等でご紹介させていただいたように、ICWUSAのシーリングアームが納入されている米国のデンタルクリニックが賞を受賞しています、そのためタイトルに「Award-Winnning」と書かれています。...
ICWUSA モニターアーム カスタム品 術野カメラシステム 口腔外科 4K
今回は、術野ビデオカメラシステム向けモニターアームのご紹介です。 口腔外科・インプラント手術を映像で記録するためのビデオ装置をICWUSAのロングアームでマウントしています。 画像を見ていただくとわかるのですが、天井に固定するシーリングアームのほかに、床に支柱を立ててアームを固定する フロアマウントでもこのシステムが設置されています。...

ICWUSA 生体情報モニターほか医療用モニター用アーム DBSシリーズ
一般的なフラットディスプレイは、VESA規格準拠のネジ穴配置がその背面にされています。 そのため、モニターアームの先端にその規格に対応したVESAアダプタープレートを持つタイプのものが 使用されています。 しかし、生体情報モニターのような医療用モニターでは、VESA規格ではない取付方法のものもございます。...
ICWUSA, CPUマウント, CPUホルダー, VESA-CPUホルダー,  UPSマウント, UPSホルダー
現在、さまざまなサイズ・形状のデスクトップPCが発売されていますが、施設用として一般的に販売されているものは、主に標準タイプやスリムタイプを対象にしたものです。 ICWUSAでは、標準・スリムタイプはもちろん、ミニPCや大型のUPSにも対応したホルダーを販売しています。...

GEヘルスケア, 麻酔器, Masimo, Root, Capsule, デュアルデバイスマウント, 医療機器, 病院
手術室で使用される麻酔器には、生体情報モニターをはじめ、複数の機器が搭載される場合がほとんどです。 麻酔器の両サイド、天板上、を使用してその他の機器を搭載しますが、スペースが限られているため、 現場の先生方、医療機器メーカー、設置業者、など関係者の方がいろいろと知恵を絞り、設置・搭載パターンを考えられています。...
ICWUSA モニターアーム デュアルワークステーション ディスプレイ キーボード ノートPC 
上記のようにディスプレイとキーボード、もしくはノートPCとディスプレイといった2つの機器を それぞれアームで設置することを「デュアルワークステーション」と呼んでいます。 ガススプリング式のモニターアームを使用したデュアルワークテーションの最大のメリットとしては、 それぞれの設置機器をより適切な高さ・位置で使用できる点が挙げられます。...

さらに表示する