ブログカテゴリ:日本光電



日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回、前々回の続きです。 ・ドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキット ・UL180/182シリーズの可動範囲の広さ についてはすでにご説明させていただきました。 今回はアーム先端の形状に関してです。...
日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
前回の続きです。 前回はドレーゲル製麻酔器のサイドにあるスリットにICWのアームを取り付けるためのキットがある、 ということを触れさせていただきました。 今回は日本光電のモニタを搭載しているアームに関してです。 麻酔器でよく使用されるUL180/182シリーズは、ICW製品の中でも最も人気があるシリーズです。 人気の理由のひとつが可動域の広さです。...

日本光電 生体情報モニタ ドレーゲル 麻酔器 ICW モニターアーム
ドレーゲル社の麻酔器の側面にスリット(トラック)がある機種がございます。 市販の壁付用のモニターアームですと 取り付けることができませんが、 ICWでは壁用アームをそのトラックに取付けるためのアダプタ(TAW2 Draeger Kit)を用意していますので問題なく取付が可能です。
ICWUSA 生体情報モニターほか医療用モニター用アーム DBSシリーズ
一般的なフラットディスプレイは、VESA規格準拠のネジ穴配置がその背面にされています。 そのため、モニターアームの先端にその規格に対応したVESAアダプタープレートを持つタイプのものが 使用されています。 しかし、生体情報モニターのような医療用モニターでは、VESA規格ではない取付方法のものもございます。...

モニターアーム, ケーブルマネージメント, 配線, ケーブル処理, 医療機器, UL180シリーズ, 麻酔器, 医療IT, ヘルスケア, メディカルIT
ICWUSAのUL180シリーズモニターアームは、ケーブル処理に考慮された設計になっています。 ガススプリング内蔵のコアアームの両サイドに、 ケーブルを通すことができるようになっています。 また、延長アームにもケーブルを通すことが可能です。...
モニターアーム, 日本光電, ライフスコープG9, ウォールマウント, 取付方法, ウォールブラケット, ウォールトラックアダプター, チャネル, ウォ―ルトラック, 医療機器, UL180シリーズ
病院などの施設では、メンテナンスや移動を考慮して 壁にモニターアームをダイレクトに固定するのではなく、チャネル(ICWUSAの場合、MDウォールトラック)といわれるレールを壁に取付け、そのレールにアームを固定する方法がよく採用されています。...

生体情報モニター,医療機器.  モニターアーム, 日本光電, フィリップス, GEヘルスケア,
モニターアーム · 2018/03/22
ICWUSAでは各医療機器メーカーの生体情報モニターなどが持つマウントスタイルに対応したブラケットをご用意しております。...
モニターアーム, 延長アーム, A1,AS1, 27㎝, 15.2cm
病院や歯科医院など機器が数多く置かれている環境で 生体情報モニターやITディスプレイを設置する際に 注意する必要があるのが、周辺機器との干渉(接触)です。 その際に、有効なのがモニターアームに延長アームが付いたタイプです。 ICWUSAの場合、 AS1=約15㎝ A1=約27㎝ の延長アームが用意されています。...

ICWUSA, モニターアーム, 医療用モニターアーム, UL180シリーズ, キーボードマウント, ウォールマウント
ICWUSAのガススプリング内蔵タイプで最も代表的なアームがUL180シリーズです。 欧米で高い評価を受けている理由のひとつが、その可動域の広さです。 下のUL180シリーズアーム延長アームタイプ、キーボードトレイ付きで確認してみましょう。
写真は、ある米国での病院でのICWUSAの使用例になります。 ドレーゲル製の麻酔器の両サイドにICWUSAのモニターアームとCPUホルダーが使用されています。 正面左側ですが、日本光電製の生体情報モニタライフスコープG9およびBSM1700をUL180シリーズモニターアーム+ポール+クランプで設置しています。...

さらに表示する